医学部予備校の合格実績と学費

合格出来る可能性が充分に高いところを志望校に決めるのが得策

選ぶのに非常に大切なことは、学費と合格実績 | 1次試験は学科試験で、2次試験は小論文と面接 | 合格出来る可能性が充分に高いところを志望校に決めるのが得策

ところが医学部の受験だけは、大学により試験内容が大幅に差があるので異なる流れになります。
教科によって、難易度が大幅に異なる場合も少なくありません。
入学したいところを志望校に決めたい気持ちも理解出来ますが、現実的には合格出来る可能性が充分に高いところを志望校に決めるのが得策です。
合格出来る可能性が高い大学を探すためには、まず初めに過去の入学試験の問題を実際に解いてみて、自分にとって実力を発揮しやすい大学を選ぶ必要があります。
模擬試験の得点は、1つの指標にはなるため基礎的な学力を見極める上では適していますが、医学部の入学試験では参考にしかならず、実際に入学試験を受ける大学が出題する問題を回答することが出来るかが非常に大切なことです。
志望する大学が決まれば、その大学に進学した生徒がたくさんいる専用のノウハウを蓄積している予備校を探すことが正しい選び方になります。
学費はやはり結構高く、1年間あたりで少なくとも100万円以上が必要です。
そして100万円で済む場合は大手の場合か、特待生コースで学費が優遇されている場合に限られます。
一般的な学費は1年間あたり、およそ200万円から500万円ぐらいまでが相場と考えていた方が良いです。
およそ200万円から500万円ぐらいかかるとは言っても、決め手がなければ選びきれないと言えます。
国立大学が志望校なのであれば、全ての学科に対応する大手予備校が提供する医学部コースを選び1年間あたり、およそ100万円ぐらいの学費に抑えることも出来ますが、そのコースに入るためにはそれなりの学力があることが必要です。
もしコースに入るための選考に落ちてしまうと、国公立大学を受験すること自体が困難になります。
選考に受ける自信がない場合は、私立大学に志望校を変えるか、浪人して学力をつけて継続して国公立大学を目指す方法に分かれる訳です。